ドライバーのセットアップ

ドライバーの正しいセットアップの手順

ドライバー

ゴルフにいまいち自信がない人は、ドライバーを狙った方向へフェースを正しくセットできていない人が多いようです。なかなか100を切ることができないゴルファーやいつまでたってもドライバーが苦手だという人は、自分のセットアップの手順が間違っていないかチェックしてみましょう。ちょっとした手違いで、ナイスショットの瞬間を逃しているかもしれませんよ。

 

ドライバーのセットアップで大切なのは、フェースを直角にすることです。いくらフェースをスクエアにしたママインパクト出来ても、もともと狙った方向が間違っていたら思うようにボールを飛ばすことはできません。正しいフェースのセットアップ方法をしっかりとチェックしてください。

 

最初にティグランドに出たら、コース全体を把握して、狙っていく方角を決めます。打つ方向を決定したら、ボールとその方向のライン上に目印になるものを探します。例えば、ボールのすぐそばにある芝の色が変わっている個所や木の枝の分かれ目など、目印になるものなら何でも構いません。そして、その目印に対してフェースが直角になるようにセットアップすします。

 

目印にフェースを合わせるときは、必ず両足を閉じた状態で行いましょう。フェースを体の真ん中に置き、正面からチェックするようにしましょう。目印に対してフェースが直角になっていることを確認したら、左足から右足の順番で足を開いて構えると正しいセットアップができます。何度も練習して、すぐに構えられるようにしましょう。

 

以上のような一連の流れがセットアップの手順です。このやり方にこだわる必要はないので、自分なりにやりやすい手順で、セットアップの手順を組み立て、毎回同じ方法でできるように体に覚えこませることが大切です。いつも同じ動作で構えていれば、リズムをつかむのが容易になり、安定したスイングができるようになります。

 

↓↓↓小原大二郎ゴルフスイング上達DVD詳しくはこちら↓↓↓

リンク

関連ページ

ドライバーと利き目の関係
効き目を知ってドライバーでボールを正確に打つ
ドライバー曲げない打ち方
ドライバーの苦手意識を克服してまっすぐなボールを打つ
ゴルフドライバーのチェックポイント
ゴルフドライバーの正しいスイングのチェックポイント
ドライバー・アドレスとテークバック
ドライバーの際のアドレスとテークバックの注意ポイント
ゴルフスイングの調子が悪くなったら
ラウンド中にゴルフスイングの調子が落ちた時の対処